シェアハウスで暮らす上で大切な意識と規則

シェアハウス利用のメリット

シェアハウスでは複数の住人が共同生活を送っています。マンションやアパート、一軒家などそのかたちは様々ではありますが、住人同士は家族ではありません。基本的に家賃や光熱費などは折半をすることになりますので、例えば職場や学校に近い土地で暮らしたいが家賃が高いために諦めなければならない、などの経済的な事情を抱えている人にとってはうってつけの生活スタイルであるといえるでしょう。他にもシェアハウスで暮らすメリットは多くあります。

シェアハウスでは住人同士が助け合う

住人同士の関係が深まることも珍しいことではありません。まるで家族のような間柄になることもあります。そして皆で助け合いをしながら生活を送ることになるのです。例えば誰かが風邪で寝込んでしまえば看病をするし、家の設備が壊れてしまった場合はみんなで修理をします。料理を持ち回りで行なう場合もありますし、休日が合えばみんなで出かけることもあるでしょう。持ちつ持たれつの関係を築き、互いを支え合うことになる場合もあるのです。

シェアハウスごとに規則がある

一つ屋根の下で共同生活を送ることになりますので、シェアハウスの中では規則が定められているところも珍しくありません。例えば共同スペースの掃除当番であったり、風呂やトイレの使い方など様々です。それらはすべての住人が快適に暮らせるように設定されているので、内容に納得ができずに放り出してしまってはそれぞれが協調することができなくなってしまいます。そのためにも、規則を守り互いを尊重し合いながら生活を送らなければなりません。

仲のいい人同士が気軽に部屋を借りて一緒に住むことができるシェアハウス。共通の友達を読んでパーティーしたり豪華な部屋をシェアして安く住めるのが利点です。