えっ?それもトイレ詰まりの原因になるの!?

トイレットペーパーも詰まるときは詰まる!

トイレットペーパーは水に溶けやすいように作られていますが、一度にたくさん使う方は詰まってしまうリスクが高くなります。使った後に便器に捨てたトイレットペーパーを見ても分かるとおり、流す前の時点ではまだ形が残ったままですよね。これは水を流して下水道を流れていく過程で徐々に溶けるように作られているからです。ひとつの目安としては、水が張られている洋式トイレで水面全体がトイレットペーパーで埋まってしまうことが珍しくない方は黄色信号です。もう少し控えめに使うようにしましょう。

まさかふつうに使っているだけなのに?

いつもと同じように用を足してトイレットペーパーを便器に捨てて水を流した、ただこれだけでもトイレ詰まりを起こすことが稀にあります。まさかと思われるかもしれませんが、そうです。便そのものが原因となっているケースです。もともとトイレットペーパーなどが詰まる一歩手前の状態になっているところに、いつもより多めに便を流したせいでとどめを刺してしまったというまるでネタのような不運な事例もあるのです。こんなときには、割り切ってラバーカップで対処しましょう。

部屋選びを間違ってしまった!?

賃貸マンションの物件選びのときには窓の向きや収納をチェックしますよね。でも、シンクの水やトイレの水の流れ方までをしっかりと確認する方は少ないのではないでしょうか。マンションの水はタンクに溜められてから各部屋に届きます。そのため、水圧が低くなり、トイレだけではなく水回り全体に問題を起こしやすいのです。残念ながら、住み始めてからではほぼ解決方法がありません。これから新しい物件を探すなら、水の勢いにも目を光らせましょう。

水道から水漏れがしている場合は、放って置くと悪化する恐れもあるので、水道業者に依頼して早めに修理をすることが大事です。