意外と知らない!タクシー運転手という仕事

運転手としていつまで働けるの?

よくタクシーを利用するという人も、そうでない人も、タクシー運転手さんの仕事の詳細について、詳しく知っているという人は少ないのではないでしょうか?運転手さんについて、あまり詳しくない人が、よく疑問に思うことをまとめてみました。かなり高齢の運転手さんを見かけることもありますが、いったいいつまで運転手として働くことができるんでしょうか。多くのタクシー会社では、65歳を定年としているようです。しかし、65歳を過ぎても、嘱託職員として勤務し続ける人が大半だといいます。やる気があれば、いつまでも働けるというのは素敵ですよね。

運転手さんのお休みはいつ?

タクシー運転手さんは、ふつうの会社勤めのサラリーマンと違って、土曜日や日曜日といった決まった日にお休みをとる人は、珍しいというのが現状です。というのは、運転手さんの特殊な勤務形態が影響しているからです。多くの運転手さんは、隔日勤務という勤務体系をとっています。隔日勤務とは、早朝から深夜まで、続けて18時間前後働いて、翌日はお休みをとり、翌々日にまた18時間働くというやり方です。一日置きに勤務日と休日が代わりばんこにやってくるので、隔日勤務と呼ばれています。なので、休日の日数はかなり多い職業だと言えるでしょう。

個人タクシーには誰でもなれるの?

街を走っているタクシーには、タクシー会社のものと、個人タクシーとがありますよね。現在、タクシー会社の運転手として、頑張っている運転手さんの中にも、将来は個人タクシーとして独立したいという希望を持っている人が、少なからずいるといいます。個人タクシーを始めることができる条件には、いろいろなものがあります。最もクリアするのが難しいとされているのが、タクシー会社に運転手として勤務していた期間が10年以上あるという項目です。この条件をクリアするために、みなさん一生懸命頑張っているんですね。

役員運転手とは、会社の役員の運転手を務める仕事のことです。役員の出勤時間に合わせて車を出し、仕事が終わったら家に送ります。