翻訳というものの意味を広く考えてみるならば

翻訳とは思われていない翻訳とは?

翻訳といえば、たいていの場合、外国語で書かれた文を日本語の文にするか、逆に日本語で書かれている文を外国語の文にするか、といったものをイメージするでしょう。ところが、翻訳の中には成人向けに書かれている文章を、子供向きのものにする、といったものもあるのです。普通、こうしたものは翻訳とは思われていないのですが、これも立派に翻訳であると言えるものなのです。こうした子供向きに書き直された物語を子供の頃に読んだ、という経験のある人は少なくないはずですが、こうしたものは、元々、成人向きに書かれていたものを、子供向きの文章に翻訳したものだったのですね。

成人向けの文を子供向きに書き換えれば?

翻訳というのは、その文章の内容は変えることなく、多くの場合、別の言語で書き換えることを言います。この元になる文のことを原文というのですが、この原文と同じ言語であっても、その内容は変えることなく、別の表現で書き換えてしまうならば、これも立派に翻訳と言えるものではないのでしょうか?成人向きに書かれた作品を、内容はそのままに、子供向きの作品に書き換えてしまうというのも、これに当たるわけなのですね。ただし、こうした場合には、子供にはふさわしくない部分はそっくり削除してしまう、といったことも行われたりするのですが。

専門家向けのものを一般人向けのものに

このような文の書き換えというのは、何も成人向けのものを子供向けのものにする、といった場合だけとは限りません。一例として、専門家向けのものであった原文を、一般人向けのものにする、といった場合もあるからです。というのも、専門家向けの文である場合には、その分野の専門用語が多用されていたり、専門家でなければわからない独特の言い回しがされていたりするのですが、それを一般人でも理解できるよう、専門用語の使用をやめてわかりやすい言葉に置き換えたり、専門家用の言い回しを一般的な表現に書き換えたりする、といったことも、立派に翻訳であると言うことができるわけなのです。

わ中国からの観光客の大幅な増加に伴い、英語だけでなくホテル、観光地では多言語翻訳の必要性が高まっています。